ゲイのシンボルのようなもの

その上にシンボルのようなものがありました。

私はそのシンボルを必死に描くことに興味がありました。

それで、ゲイが何らかの理由で徐々に魔法使いになるのが分かります。

私は何かを考え、何も考えずに舐めた。

"ゲイはいくらかの塩がありますが、それは水です!"

私はちょうど喉が渇いていたので、ゲイはそれを吸うように飲んだ。

その後、いくつかの地震があります。

私は喉に触れたので、私は再びシンボルをピックアップしようとした。

しかし、シンボルを置こうとすると、シンボルの変化に気がつきます。

「少し大きめではない?」

彼女が疲れていると思ったので、もう一度シンボルを拾うためにシンボルに触れました。

町田 ゲイ仲間の見つけ方

コメント